ライン直結結び強度テスト

プーリーを2個用意します。


プーリーを通して2本のラインで別々の方式のライン直結結びを行います。

片方に目印の「太糸目印」を付けます。

引っ張り合いをします。

原則として引っ張りテストは3回行います。

ラインはフロロカーボンの5号。

勝った方は○、負けた方は×と表記します。

 

1.エイトノット VS 2.トリプルエイトノット

結び 勝負 ---  勝負 結び   結果
1 エイトノット   × トリプルエイトノット    切断
2 エイトノット ×   トリプルエイトノット 

 

切断

3 エイトノット   × トリプルエイトノット 

 

切断 

4 エイトノット ×
トリプルエイトノット


切断

解説

強度の差はあまり感じられませんでした。

切れる時は結びが締まり、本線が切断されています。

結びめが滑って本線が伸びた形跡はありません。


結果

エイトノット VS トリプルエイトノット = 1.0:1.0



1.エイトノット VS 3.トリプルサージャンスノット

結び 勝負 ---  勝負 結び   結果
1 エイトノット   ×

トリプルサージャンス

ノット 

  切断
2 エイトノット
  ×

トリプルサージャンス

ノット 

 

切断

3 エイトノット ×
 
 トリプルサージャンス

ノット 

 

切断 

4 エイトノット ×  

トリプルサージャンス

ノット 

 

切断

解説

強度の差はあまり感じられませんでした。

ただトリプルサージャンスノットの方が結びを上手くやれば少し強いような感じはしましたが、そこが微妙で中々上手く結べないので同じくらいの強さとしました。

切れる時は結びが締まり、本線が切断されています。

結びめが滑って本線が伸びた形跡はありません。

 

結果

エイトノット VS トリプルサージャンスノット = 1.0:1.0



4.電車結び VS 5.ブラッドノット

結び 勝負 ---  勝負 結び   結果
1 電車結び   ×

ブラッドノット 

  切断
2 電車結び

  ×

ブラッドノット 

 

切断

3 電車結び

  ×
ブラッドノット   

 

切断 

解説

切れる時は結びが締まり、本線が切断されています。

結びめが滑って本線が伸びた形跡はありません。

 

結果

電車結び VS ブラッドノット = 1.0:0.7

 

 

4.電車結び VS 6.ストロングノット

結び 勝負 ---  勝負 結び   結果
1 電車結び   ×

ストロングノット 

  切断
2 電車結び

  ×

ストロングノット 

 

切断

3 電車結び

  ×
ストロングノット   

 

切断 

解説

切れる時は結びが締まり、本線が切断されています。

結びめが滑って本線が伸びた形跡はありません。

 

結果

電車結び VS ストロングノット = 1.0:0.8

 

 

1.エイトノット VS 4.電車結び

結び 勝負 ---  勝負 結び   結果
1 エイトノット ×
 

電車結び

  切断
2 エイトノット
  ×

電車結び

 

切断

3 エイトノット ×
 
電車結び

 

切断 

4 エイトノット
  ×

電車結び

 

切断

解説

切れる時は結びが締まり、本線が切断されています。

結びめが滑って本線が伸びた形跡はありません。

電車結びはユニノット系なので「針結び強度テスト」「サルカン結び強度テスト」でも判明したように、やはりライン直結結びでもユニノット系は強くないことが判りました。

 

結果

エイトノット VS 電車結び = 1.0:1.0

 

 

1.エイトノット VS 7.オルブライトノット

結び 勝負 ---  勝負 結び   結果
1 エイトノット
  ×

オルブライトノット

  切断
2 エイトノット
  ×

オルブライトノット

 

切断

3 エイトノット
  ×
オルブライトノット

 

切断 

解説

切れる時は結びが締まり、本線が切断されています。

結びめが滑って本線が伸びた形跡はありません。

オルブライトノットの方で切断していますが、その中でも折り返したラインは切れず巻いているラインの方が切れています。

 

結果

エイトノット VS オルブライトノット = 1.0:0.8

 

 

考察

今まで実釣において電車結びで直結結びをおこなってきましたが、強度テストを行った結果、簡単なエイトノットと同じ強さと判りました。


岩や岸壁のコンクリートに擦れたり、バックラッシュを起こしたり、何故か知らないうちに結びめが出来たりしてラインを切断して結び直す必要に迫られる場面が出てきます。

その都度ラインを張り替えるわけにもいかず、ラインの直結結びの必要が出てきます。

今までの結びでは満足の得られる結びが無いと感じたので新たな直結結びを考えたいと思います。


ハリ結びやサルカン結び、ライン直結結びにおいてユニノット系の結びは思ったほど強くないと感じたのでやめ、ハリ結びで最強と思った徹釣本結びのような結びを考えてみたいと思います。