2012年

2012年6月1日(金)夜から6月2日(土)朝までキナウシでの投げ釣りに行ってきました。正に徹釣です。

べたなぎだと思ったのですが意外にうねりが有り磯波がありました。

 

キナウシ左岸。

 

釣り人がいます。

 

大森のシラトに掛かっていた橋が台風で流失したあとが見えます。

 

日が昇ったら、なぎになりました。

 

1人釣り人が見えます。

 

手前のポイントには人がいません。

 

皆さん左岸の奥へ行ったみたいです。

 

右岸です。

 

熊が出たと言う話が有りましたが今日は見えません。

 

只、夜には誰も入りませんでした。

 

熊が降りてこられるルートはあるように見えます。

 

釣果です。

 

 

ハチガラ、ガヤは小さかったのでリリースしました。

 

暗いうちの最初にマゾイが二匹来ました。

 

シマゾイは2時頃に来ました。

 

アブラコも暗いうちに来ました。

 

2匹です。

 

暗いうちに来たホッケは大きいです。

2匹来ました。

 

明けてからのホッケは少し小さいです。

 

夜が明けてからはカレイ釣りです。

7時ぐらいがピークでした。

 

マゾイ 32cm、25cm。

 

刺身です。

 

2日に分けて食べます。

 

シマゾイ 40cm。

刺身です。

2日に分けて食べ比べします。

2日目の方が味が出てくると思います。

 

マゾイとあわせて3匹分のアラがあるので、あら鍋にしようと思います。(本物のあらは買えないので!!)

アブラコ 42cm、39cm。

 

煮つけとから揚げです。

 

ホッケ 42cm、36cm。

 

夜のうち釣れるホッケは大きいです。

 

かなり油が乗っていました。

 

計4匹のホッケは岩塩をふりかけ開きにします。

マガレイ MAX33cm。

 

全部で15匹。

 

大きい2匹は煮付け。

 

あとの13匹は頭、内臓処理後、塩でぬめりを取り10分放置後水洗いして一夜干しです。

から揚げにするにしても水分を抜いた方が美味しいと思います。

 

朝、沖の方で海鳥が騒いでいます。

鳥山が出来ています。

 

きっとアミ類が大量に発生しているんでしょうね。

 

カレイは8時半頃には釣れなくなりました。

 

ソイ類の料理の結果は料理ーソイ類で。

 

2011年

2011年11月27日(日) 19時~21時半

雷電へ投げ釣りに行って参りました。

連日のしけ続きでしたが、おさまり加減でしたのでとりあえず行ってみる事にしました。

札幌を出たときには小雨でしたが現地に着いたときには上がっており雨具は必要有りませんでした。

波は少し有りまともに当たっているところは釣りは無理な状態でしたが、岬により波が陰になり少しおさまっているところがあり、そこなら釣が出来そうでした。

去年大釣りした所には同行者に入ってもらい徹釣は少し空身でポイントを見て回り岬手前の岩にのることにしました。

乗った岩の10m前に波かぶりの岩が有りその周辺を攻めることにしました。

結果釣果はカジカ36cm、35cm、ハチガラ26cm、24cmでした。

チビクロソイ、チビあぶらこはリリース。

中カジカはオートリリースしました。

波の為、場所替えままならず早めの納竿としました。

水温は意外と低くなくホッケは釣れませんでした。

ガヤは波のせいなのか釣れませんでした。

 

仕掛けは海津バリ使用の孫バリゴロ仕掛けプラス、クロスビーズ使用の丸セイゴバリ使用サンマ餌に根がかり防止器クロスリングをつけたものです。

仕掛けのロストはゼロでした。

仕掛けもそのうち公開しようと思います。

 

2011.11.27 釣果
2011.11.27 釣果

カジカ1匹は人にあげたので有りません。

 

ハチガラはしばらくぶりなので、すぐ食べたくなり湯引きにしました。

詳細は料理で。