徹釣流鮎の冷凍方法

2012年8月公開

冷凍は急速冷凍、低温冷凍がいい事が分かっています。

しかしながら家庭用冷蔵庫の冷凍室及び家庭用冷凍庫では能力に限界があり、工夫のしようが有りません。

せいぜいアルミトレイに載せ急速冷凍モードにするだけです。

 

ただ冷凍には脂焼け(あぶらやけ)(冷凍焼け)と言う問題もあります。

うろこの大きい、皮の厚い魚、多くは海魚では、皮を食べなければそれほど気にならない場合がありますが、鮎の場合うろこがほとんど無く皮も薄く皮を食べるので脂焼けが気になります。

鮎の場合皮の部分が美味しいので積極的に皮を食べることから脂焼けには敏感です。

 

脂焼けとは魚等の脂肪分が酸化することです。

酸化は空気と触れることにより起こるので空気を遮断すれば防ぐことが出来ます。

 

一番いい方法は

真空パックです。・・・・・そんな機械は持っていません。

鮎一匹をビニールに入れ、水が入らない程度に水に沈め空気を追い出し密閉します。・・・・・空気の追い出しも不十分で兎に角面倒である。

徹釣も以前やっていた方法であるが、タッパーやジッパー付き袋に鮎と水を一緒に入れ凍らせる。・・・・・空気は遮断できるが、水の比熱が大きいので鮎の周りの水が凍った後、鮎が凍ることになるので急速冷凍とは程遠いものがある。

比熱が大きいとは何かと言うと、熱しにくく冷めにくい、凍りにくく溶けにくいという事です。

 

そこで徹釣流鮎の冷凍方法を考え実践しています。

それでは御紹介します。

 

 

ペーパータオルを濡らしその上に鮎を載せます。

 

一回で食べる分に小分けします。

小さい鮎の場合は多めに載せます。

その上にペーパータオルをかぶせ、水で濡らして鮎に密着させます。

 

鮎ごと巻いた後にさらにペーパータオルを巻いて水で濡らし、端をしっかりと閉じます。

 

巻くことにより空気との接触面積を減らし、無駄な空間も少なくなりコンパクトになります。

 

これをジッパー付き袋に入れ急速冷凍します。

 

解凍する場合は一巻き単位で解凍できます。

この方式は濡らしたペーパータオルが凍ることで氷の幕で鮎を覆う為、空気を遮断できます。

 

水の量が少なくて済む為、急速冷凍できます。

 

他の魚にも有効で脂焼けを低減させることが出来ます。

 

是非お試し下さい。